悪質出会い系サイトナビ > 無料出会い系サイトは危険

無料出会い系サイトの秘密

一般的に出会い系サイトは男性がお金を払ってポイントを買うことでサイトの運営が成り立っています。

ただ、中には必要な身分証をサイトに提示するだけで利用ができてしまう無料の出会い系サイトが存在します。

そういう無料出会い系サイトの特徴として、広告費でサイトの運営が成り立っていると説明しています。実際はそうではなく、とんでもない裏話があるのです。

出会い系サイトに登録する時にプロフィールを入力することになりますが、それと同時に自分の携帯電話のメールアドレスが登録されてしまいます。

このメールアドレスをサイト運営者に知られてしまうことが厄介なのです。

これは出会い系サイトだけではなく、例としてあげると無料の懸賞サイトなどに応募する時も同じことがいえます。

まず、目的もなくサイトを運営することはありえません。

この無料出会い系サイトに登録をしたり、利用したあとに必ずあなたのもとに大量の迷惑メールが届くことになるはずです。

では、一体なぜ迷惑メールが届くのか?その答えは、無料出会い系サイトの本当の運営費に隠されています。

仮に私が無料出会い系サイトに登録したとします。すると、あくる日から全く知らない出会い系サイトから沢山メールが届くようになります。

これは、私のメールアドレスが流失したという事なんです。では、どこから流失したのか?それは無料出会い系サイトから個人情報が漏れたのです。

正確にいえば漏れたのではなく、無料出会い系サイトの運営者が他の出会い系サイトの管理者に私のメールアドレスを売ったというのが正解になります。

実は、業者の間で個人のメールアドレスはリストアップされています。相場がだいたいメルアド1件が0.1~1円でまとめて取引されています。

つまり、無料出会い系サイトは個人のメルアドを売って運営が成立しているわけです。

一般的に迷惑メールで困っている方は自分のメルアドが取引されていることに気づいていません。そしてその中から真面目な方が架空請求などに引っかかり、引っかかった方の個人情報がさらに違う業者や詐欺グループに売られてしまうという仕組みなんです。

もし、あなたの知り合いが迷惑メールで困っていたら犯罪に巻き込まれないように、すぐにメルアドを変えるように伝えてくださいね。